top of page

新卒薬剤師

2025年度 新卒 募集
ロゴ
薬剤師

薬学生の皆さんへ

薬剤師

UNIVERSALで働く
調剤薬局併設型のドラッグストアに来店されるお客様に対しての接客
医師、歯科医師、看護師、介護福祉士等との連携に
る在宅患者訪問薬剤管理指導
女性は、働きながら、妊娠・出産・子育てができる職場

薬剤師として
を通してたくさんの患者さんと触れ合うことから学ぶ(軽度から重度まで)
健康寿命の引き上げ(平均寿命 男79.55女86.30)と(健康寿命 男70.42女73.62)
病気の予防と早期発見に力を注ぐ=セルフチェックの重要性(体温・血圧・脈拍・心電図)
予防の為に服薬するサプリメント=薬とサプリメントの知識を学ぶ
多種多様の処方を通し調剤業務の向上=疾病と薬物治療の知識を学ぶ
今自分が出来る最大限の努力を惜しまず出来る人になって欲しいと思います。
人生は決して平坦ではありません。働く上でも、山は必ず現れ険しく道を塞ぐこともあります。無理をし過ぎてしまうと心も体も疲弊し前へ進めなくなってしまいます。そのような時に助け合える。協力し合える。心を大切にする会社を一緒に作って行きましょう。
あなたの笑顔が未来を創ります

​採用担当者より

研修

ドラッグストアの薬剤師しか出来ない事があります。
健康のジェネラリストとして
地域の健康と生活に密着した薬剤師を目指しませんか?

ユニバーサルドラッグは

なんでも相談できる薬局、ドラッグストアです。
自分の大切な人、大切な家族に接するようにスタッフに対しても、お客様、患者様に対しても親身に真剣に向き合います。
漢方薬が得意な薬剤師が多いため新薬以外にも相談にのって差し上げられます。
調剤店舗はOTC店舗と併設していますので、患者様、お客様にトータルなアドバイスをして差し上げられます。

ユニバーサルドラッグの研修制度

 

*社内研修

月に一回、終日 本社にて集合研修
初級、中級、上級とそれぞれのレベルに合わせて、社内、社外の講師による。
現在、会社で取り組んでいることや、季節に多い疾患など、漢方薬・生活習慣・新薬とそれぞれの分野を勉強。

 

*社外研修
他企業の視察研修、マーケティング研修、マネージメント研修等法改定や世間の流れにも敏速に対応し、常に向上心を持って行動します。
研修でのバックアップも惜しみません。
入社前研修もあり社会人、企業人としての基礎(ビジネスマナー)薬事法や薬の知識など。
 

認定薬剤師資格取得支援
・e-ラーニング等 

採用担当者より

薬剤師の仕事

調剤

調剤業務

総合病院の門前である立地のため、取り扱う薬や保険・公費などが多くそれだけに薬剤師・事務の資質の向上を常に心がけています。それとともに最新の機材(電子薬暦・オンライン発注システム・自動錠剤分包機 等)を導入し設備面からも資質の向上に努めています。
2025年には3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となり高齢化が急速に進展します。こうしたことを見据えて、専門性を活かし医薬品に関連する相談が気軽にできるよう、また処方された薬をわかりやすく、きちんと服用してもらえるよう患者様に説明することを心がけています。
街の身近な「健康ステーション」としての役割を目指しています。

在宅患者訪問薬剤管理指導

服薬の確認からさらに踏み込み、薬に起因するさまざまな問題に気づけるのがわたしたち、薬剤師です。薬の安全な、確実な服用を手助けすることが薬剤師の役割になります。
残薬が多くあればその理由を確認し、たとえば嚥下に問題があるのであれば散剤や液剤、OD錠への変更を医師に提案することもできます。飲みたくない、というのが理由であるならば薬の専門家として、医師の代わりにその薬剤の必要性を説明、患者さまを説得し、ケアスタッフに再開を促すこともあります。薬局内での調剤と違い患者さまの処方内容を医師や看護師、ケアスタッフとともに考える、といった能動的な姿勢が必要とされる分野です。

物販・ドラッグストア

地域に密着した健康情報の拠点として医薬品の適切な使用に関する助言や健康に関する相談、情報提供を行うなど、セルフメディケーション推進の手助けを行います。医薬品・化粧品をはじめ、生活用品も充実。処方箋なしに購入できる一般用医薬品や介護用品など、専門家の適切なアドバイスを聞き、理解を深めた上でご利用いただけるよう立地環境に合わせた店舗作りを心がけ、地域の皆様の暮らしをサポートします。

現在は、インターネットでも医薬品の購入ができる時代です。しかしながら、薬剤師による健康相談を希望される患者さまが多いのも実態です。患者様の状態を見極め、必要に応じ受信勧告(病院であれば受信科目も含め)をすることもあります。そしてOTCの薬剤師には、その判断力が必要とされます。どの薬をどのように使ったら改善につながるのか、もしくはどのタイミングで病院にかかるべきなのかなどきめ細かなアドバイスをする、それは患者様・お客様の笑顔につながっていきます。お客様に喜んでいただけるために、日々勉強しスタッフが向上心をもって働き、笑顔を絶やさない明るい店舗運営を目指しています。

薬剤師の仕事

採用情報 2025年度

面接

調剤薬局及び店舗にて、保険調剤(調剤店のみ)、医薬品販売・管理。
店舗にご来店されるお客様に対して、専門的な立場からアドバイスをする仕事です。お客様一人ひとりに対して丁寧なカウンセリング販売を行います。
症状や食生活、生活習慣など掘り下げて聞き、薬の飲み方はもちろん養生の仕方までアドバイスしますから、 お客様から頼りにされるやりがいのある仕事です。
平成25年11月より在宅事業をスタートしました。 

資  格 ・薬科大学 卒業 
     ・薬剤師免許
      年齢不問 薬剤師免許 
給  与    年齢・経験・前給与等を考慮のうえ、
                当社規定により優遇要相談 (交通費支給) 
                新卒 薬科大学(6年生)卒業 薬剤師免許
      基本給 228,200円 + 薬剤師手当 80,000円
諸 手 当   薬剤師手当 
      残業手当
昇  給    年1回(4月) 評価制度有
賞  与    年2回(7月・12月)
休日休暇    週休2日制、夏季休暇、年次有給休暇、慶弔休暇
福利厚生    雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
      海外研修、社員割引購入制度、保養所(群馬県高崎市)
      健保組合によるレジャー施設多数有
      制服貸与
勤 務 地     都内、埼玉県内の各店舗
勤務時間    各店舗営業時間に準ず(実働8h) 
                シフト制
応募方法    マイナビ2025よりエントリーをお願いします。

採用情報

先輩からのメッセージ

  • この仕事の楽しい点
    ● 色々なお客様と接する機会があり、困った時のアドバイスをして、お客様が納得し、笑顔で帰られ、様々の病気が改善されていく様子を見ること。 ● 具合の悪い方が良くなっていくことを見守ることができる。薬を通して、たくさんの患者さんとお話ができる。 ● 患者さまと顔なじみになれると、いろいろな話ができ楽しいです。また病院の門前の為、多種の薬を取り扱いスキルの向上につながります。 ● 薬剤師としての調剤スキルを磨けること。 ● 病気の苦痛を少しでも改善し、また必要となれば受信勧告して早めの治療対策や予防対策をお伝えすること。 新しい薬剤の知識を学び常に自分も進化すること。 様々な人と関わり学ぶことが多いこと。 ● この店に来る処方箋はバラエティに富んでいると思いますので、今までに知らなかった商品が記載されていた時にそれを勉強することができた時。楽しい知識が得られることです。 ● 楽しいことはない。苦しいことばかり。
  • 薬剤師の仕事とは
    ● 医療用医薬品(処方箋)の提供及び一般医薬品の提供そしてアドバイスetc ● 接客業です。処方箋に基づいて薬を出す。 ● 専門的な知識を必要とする接客業。患者様に不安をあたえないように、副作用を含めた薬の説明をする必要があります。 ● 患者さんとの信頼関係を築き、親身に接し薬の専門家として的確なアドバイスを 行うこと。 ● 医薬品を通して患者様、お客様がより健やかに毎日の生活を送れるよう健康に関するアドバイスをできるように努めること。処方箋から推測される病状をふまえ、薬剤の服用意味や重要性を患者様にわかりやすく説明すること。また店頭販売においては直接症状を伺い、必要な薬剤を決定し安全に使用され効果を上げるための方法を総合的にお伝えしていくこと。 ● 処方箋の調剤の仕事と、一般医薬品を販売する仕事とはかなりの隔たりがあると思います。一般用医薬品は商品の選択が販売する側にもありますので、自分の惚れこんだ商品、利益の取れる商品を勉強して販売していけばよい。それに対して処方箋調剤は、医師が発行される処方箋が絶対ですので、処方箋を  チェックしてそれに基づき正しく作り処方医をたてつつ患者様にもその内容に対してご理解していただき、時には不満でも納得していただけるように努める。これが仕事だと思います。何かと疲れます。 ● 患者さんの苦痛・悩みの解消を援護すること
  • これから挑戦してみたい事
    ● 認知患者における助言。 ● 薬についてもっと勉強し、それを分かりやすいように患者さんに説明していきたい。 ● 昨年、指導薬剤師の資格をとらせていただいたので、いつかそれを活かした仕事をしてみたいです。 ● 勉強会の参加を通して新しい事を学んで行きたい。 ● 語学に再チャレンジ。 ● 認定薬剤師。 ● 毎日が新しい日々、すべてに新しい気持ちで挑戦している。
  • 最近嬉しかったこと、または辛かったこと
    ● この調剤店を指名で来てくれて、かかりつけの薬局にしたいと申してくれたこと。又、辛かった事案は、薬が所定の日数が足りなくて、患者様を待たせてしまった事 ● 薬の話から、患者さんが「リハビリや水泳などこれ以上ひざが悪くならない努力」をしていることを聞いて「頑張っていますね。」と声をかけたら「いつも頑張れ、としか言われないからすごくうれしい。ありがとう。」と言っていただけたこと。「あなたにいつも薬をもらいたい。」と言っていただけたことが、とてもうれしかったです。 ● 辛かった事。社内の人間関係トラブル。 うれしかった事。それにより異動になり、仕事に集中できる環境になったこと。 ● 顔見知りの患者様が増えてきた。 ● やむなく患者様をおまたせする時間がかかってしまうこと。 ● 選んだ薬で症状がよくなったとお客様に喜ばれた事。 生活のアドバイスが役立ったと伝えられた時 話していると元気になれそうと言われた事 仕事上の辛さというのは感じたことはありません。 ● がん患者様など、死と向き合っている方と接することがある中、病の苦しみからほんの少しでも笑顔を見せてくださった時。 ご健康な長寿の方といろいろお話ができた時は本当にうれしい。 ご家族の方からお亡くなりになった話を伺った時は本当に辛く悲しいです。 ● なし
  • 後輩へのメッセージ、後輩に最初に教えたいこと
    ● 常に在庫はある程度余分に持ち、患者様を待たせないこと。そして、地域のかかりつけの薬局をめざすこと。 ● 基本具合の悪い方と接するので、対応の仕方に注意すること。患者さんに頼られる薬剤師になって下さい。 ● 医療は日々進歩し、薬も常に増えていくので吸収しようとする意志は常にもっていてください。 ● 御高齢の方が多いので、だれに対しても相手の立場になって理解できるような コミュニティースキル。 ● 患者様、お客様に対して誠意ある行動。 ● 継続は力なり。言い換えれば辞め癖をつけないこと。どこの企業でも賃金、福利厚生、業務内容に満足できるところはほとんどないはずです。我慢の連続です。そうしていれば、時にはほんの少し幸せなことがやってくるかもしれません。 ● 挑戦。礼儀。
  • 自分の苦手とすること
    ● 特になし。 ● 特にないです。 ● あまり話しをしてくださらない患者さまの服薬指導。その後の薬暦記入するのに困ります。 ● 薬に接する機会は多々でございますが、自身で服用することはほとんどないので、薬の飲み具、味についてはよくわかりません。 ● 自分の考えとは違う考え方や行動パターンがあることを認識すること、そしてそれを容認すること。 細かい単純作業。 ● 店の責任者として指示の出し方。人の管理はどちらかというと苦手です。 ● ヒトと接すること。
  • 自分の得意とすること
    ● 漢方薬分野。 ● 患者さんとお話をすること。医者にはなかなか言えないことを話していただけるような話し方、笑顔・態度などをいつも注意しています。 ● 以前、循環器薬を主に扱うメーカーにいたので、その分野の薬は熟知しています。また、外国人の患者さまもいらっしゃるので英語での服薬指導。 ● 年齢を重ね、学生、社会人、主婦など多方面な立場から日常生活を通じて、薬と接してきたこと。病院内勤務が長かったため、軽度から重傷な患者さまと接してきたこと。 ● 仕事内容を把握し優先順位をつけ、スムースに仕事が進むよう段取りを考え、実行すること。相手が何を望んでいるかと見極め、適切に対応すること。 ● 患者さまを時折笑顔にさせることができると思います。また患者さまがお怒りの時、ひたすら謝ることができる。(ある程度理不尽な方にも) (会社の一員なので会社に迷惑をかけないためにも、個人で商売しているならそれは必ずしも必要ではないのかも…) クレーム処理は普通より、やや上かなと思います。 ● 患者さんの話をよく聞く。
メッセージ
bottom of page